マッハガール

マッハガール
  • マッハガール

    マッハガール

    タツノコプロ

    2008年|日本

    • SD

    三輪レーシングカー・マッハピンクを駆り、荒野を旅する賞金稼ぎの少女リップ。行く先々で様々な事件に遭遇するが、その大胆不敵な行動力と、マッハピンクに搭載された7つの特殊機能を駆使し、華麗にピンチを突破していく。

    • スマートフォン、タブレットでのご視聴には「MIRAIL」
      アプリをインストールする必要があります。
    アプリのインストール
    • スマートフォン、タブレットでのご視聴には「MIRAIL」
      アプリをインストールする必要があります。
    アプリのインストール

    エピソード

    • #1 無敵のレーサー その名はリップ

      #1 無敵のレーサー その名はリップ

      スーパーバギー・マッハピンクを駆り、荒野の町を渡り歩く賞金稼ぎの少女リップ。ある日、報奨金十万ドルの仕事の権利を賭けて、レースで勝負をしている男達に遭遇した。リップとマッハピンクの激走が始まる!
      4分
    • #2 危険なミッション

      #2 危険なミッション

      リップが手にした仕事の依頼は、悪徳保安官が支配する刑務所《監獄山》に無実の罪で投獄されている青年ナッツを救い出し、裁判所へ連れて行くというものだった。《監獄山》に潜入したリップは、ナッツと脱獄を図るが…。
      4分
    • #3 監獄山からの脱出

      #3 監獄山からの脱出

      マッハピンクで刑務所から脱出したリップとナッツ。新聞記者のナッツは、保安官とギャングの癒着の証拠を撮影して捕まったのだという。フィルムを渡すため裁判所へ急ぐ二人に、巨大マシンに乗った追っ手が迫る。
      4分
    • #4 市街地の大バトル

      #4 市街地の大バトル

      保安官の刺客としてリップ達を追ってきたのは、もと一流大陸横断レーサーのマック・ストロングだった。しかし、リップの走りにレーサー魂を取り戻したマックは、保安官と手を切り、改めて勝負を挑んできた。
      4分
    • #5 暴走機関車を追え!

      #5 暴走機関車を追え!

      廃車の決まった大陸横断鉄道のキングベア号。それに納得しない老機関士のジャンは、列車を猛スピードで暴走させ、追い抜けるものがいれば敗北を認めると宣言。そこでリップに、列車に勝利するという仕事が依頼された。
      4分
    • #6 栄光をかけた猛レース

      #6 栄光をかけた猛レース

      暴走し続けるキングベア号を追いかける、リップのマッハピンク。一方、特ダネのために列車に潜り込んでいたナッツは、ジャンの目的がキングベア号こそ大陸一の速さだと、鉄道会社の社長に解らせるためだと知る。
      4分
    • #7 大陸で一番速い奴はどっちだ!?

      #7 大陸で一番速い奴はどっちだ!?

      列車に並ぶリップに、ジャンは10キロ先のヘブン峡谷の駅をゴールとし、もし勝てば大陸一の称号を譲ると言う。しかし、称号になど興味は無いと言い放つリップ。意地と賞金を掛けた、列車とレースカーの勝負は続く。
      4分
    • #8 キングベアよ永久に

      #8 キングベアよ永久に

      ついにキングベア号を抜き去り、レースに勝利したリップ。しかし、ブレーキの壊れた列車は停止せず、線路の先の峡谷へ向けて突き進む。列車から降りられないジャンとナッツを救うため、マッハピンクが後を追うが…!?
      4分
    • #9 サリナス峠のゴーストマシーン

      #9 サリナス峠のゴーストマシーン

      賞金稼ぎは非合法の無法者。ポリスのパトカーに追われたリップは、不気味な夜の峠に入り込んでしまう。そんな場所で突然現れた謎の黒いレースカーと、足場の危うい峠の道で勝負を始めるリップだったが…。
      4分
    • #10 ゴーストマシーンの秘密

      #10 ゴーストマシーンの秘密

      黒いレースカーはなんと亡霊が乗るゴーストマシーンで、夜な夜な峠を通る車を崖の下に突き落としているという。危うくその餌食になりかけたリップは辛くも危機を逃れるが、バッテリー切れで動けなくなってしまう。
      4分