ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス

ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス
  • ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス

    ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス

    ポニーキャニオン

    2017年|アメリカ|3時間25分

    • 字
    • HD

    ≪世界で最も有名な図書館―ニューヨーク公共図書館(NYPL)とは?≫ニューヨーク公共図書館とは、マンハッタン、五番街と42丁目との交差点に位置し、荘厳なボザール様式建築によって観光名所としても名高い本館<スティーブン・A・シュワルツマン・ビル>と、研究目的のために公開されている4つの研究図書館、そして地域に密着した88の分館を合わせた92の図書館のネットワークである。1911年に本館が竣工し、アンドリュー・カーネギーらの寄付により、各所に分館を増設してきた。人文科学、社会科学、及び、美術において世界有数の蔵書を誇り、総計6,000万点ものコレクションが所蔵されている。利用は原則として無料であり、ニューヨーク市に在住あるいは勤務している者であれば誰でも会員になることができる。 名称に「パブリック(public)」と入っているが、独立法人であり、財政的基盤は市の出資と民間の寄付によって成り立っている。ここでいうパブリックとは「公立」という意味ではなく、「公共」(一般公衆に対して開かれた)という意味に当たる。