一夜の花嫁~pirates of destiny~

一夜の花嫁~pirates of destiny~
  • 一夜の花嫁~pirates of destiny~

    一夜の花嫁~pirates of destiny~

    ポニーキャニオン

    2020年|中国

    • 字
    • HD

    伝説の侠客・雲鶴大侠(うんかくだいきょう)に憧れる花溶(かよう)は、男装して“花花大侠”を名乗っていた。ある日、借金のかたに妓楼に売られた小茴(しょうかい)を救おうとした花溶だったが、ひょんなことから海賊王・秦尚城(しんしょうじょう)とその仇・裴庸(はいよう)との争いに巻き込まれ、裴庸の仲間だと疑われた花溶は海賊船で追跡してきた秦尚城らに捕まってしまう。海賊島に拉致された花溶は島を脱出するために試行錯誤しながら過ごすが、一目見た時から花溶が女であると気づいていた秦尚城は、次第に花溶に心惹かれ、婚姻を望むように。しかし、そんな秦尚城の想いを知った花溶は、その想いを利用して島から脱出する策を思いつき、結婚式の夜に決行する準備を進めるのだった。命がけで逃亡を企むほど、粗野で横暴な秦尚城を嫌がる花溶だが、実は秦尚城には弱き者を助ける秘密の一面があった。正義を愛する花容と、荒くれ者の海賊王・秦尚城を待ち受ける愛の行方とは!?

    • スマートフォン、タブレットでのご視聴には「MIRAIL」
      アプリをインストールする必要があります。
    アプリのインストール
    • スマートフォン、タブレットでのご視聴には「MIRAIL」
      アプリをインストールする必要があります。
    アプリのインストール

    エピソード

    • 第1話 新米女侠客と海賊王

      第1話 新米女侠客と海賊王

      江湖の英雄“雲鶴(うんかく)大侠”に憧れる娘・花溶(かよう)は、男装して“花花(かか)大侠”を名乗り江湖へ冒険の旅に出る。妓女を苦界から救うため妓楼に乗り込んだ花溶は、海賊王・秦尚城(しんしょうじょう)とその仇・裴庸(はいよう)との争いに巻き込まれ、拉致されて海賊島に連れ去られる。花溶が女であることを知る秦尚城は、次々と彼女に試練を与えるが、花溶は持ち前の機転で切り抜ける。しかし、意地の悪い料理長を懲らしめたことから、花溶は海賊たちの前で秦尚城と対峙することに…。
      37分
    • 第2話 島の掟(おきて)

      第2話 島の掟(おきて)

      騒ぎの責任を取らされ、刑を受けた花溶。その後も懲りずに島からの脱出を試みるが、あえなく失敗しさらなる刑を科される。気丈に振る舞う花溶だったが、刑による傷がもとで倒れてしまう。慌てた秦尚城が医者を呼んだことがきっかけとなり、花溶が女であることが島中に知られてしまう。そんなある日、花溶は、島で出会った岳風(がくふう)から、秦尚城の部屋に海図があるという情報を得る。脱出の役に立つと考えた彼女は、海図を入手すべく画策を始める。
      40分
    • 第3話 海賊島脱出作戦

      第3話 海賊島脱出作戦

      花溶と仲が良いことで目を付けられ岳風は、副頭目の陳彪(ちんひょう)に焼きを入れられ、激怒した花溶は、雲鶴大侠の伝記にあった知識を使い、陳彪を罠にはめて恥をかかせる。その後、海図を発見した花溶は島から脱出しようと試みるが、舟を出す現場を秦尚城に取り押さえられ、罰しない代わりに島を脱出できるかの賭けを持ちかけられる。賭けに勝ち島を出るため舟を漕ぎだした花溶だったが、海図は偽物で、やがて天候も激変。花溶は海に投げ出されてしまい…。
      45分
    • 第4話 恩か 恨みか

      第4話 恩か 恨みか

      海から引き上げた花溶とともに野宿をする秦尚城。翌日、毒蛇にかまれそうになった花溶をかばい自身が犠牲になってしまう。秦尚城を見捨てて逃げることもできた花溶だったが、命の恩人を見捨てることができず、秦尚城を連れて皆の元へ帰る。療養の身を理由に、秦尚城が花溶にあれこれ世話をさせていた頃、副頭目・陳彪は、秦尚城の誕生日を祝うために盛大な祝宴を用意していた。しかしそれは名ばかりの祝宴で、陳彪は秦尚城への復讐を企てていた。
      39分
    • 第5話 裏切りの婚礼

      第5話 裏切りの婚礼

      結婚を迫る秦尚城に対し、拒絶する花溶。しかし、海賊島脱出のために花溶はやむを得ず結婚を承諾することに。秦尚城から、愛情の印として島内のどこへでも自由に出入りできる令牌を手に入れた花溶は、兵器庫で本物の海図を発見する。そして婚礼の日、花溶に永遠の愛を誓う秦尚城に対して、花溶は結婚証書に“花栄(かえい)”という偽の名前を書き込むのだった。花溶が妻になったと大喜びの秦尚城が祝宴で配下と酒に溺れている間、花溶の元に岳風が訪れ…。
    • 第6話 傷心の海賊王

      第6話 傷心の海賊王

      花溶に逃げられ、酒浸りとなっていた秦尚城だったが、捜し続けていた裴庸が海沿いの街・鄞城(ぎんじょう)に現れたとの知らせを受け、配下を引き連れて街へと向かう。その頃、万疆(ばんきょう)国王子・金逸文(きんいつぶん)に助けられた花溶と岳風も、同じ鄞城にいた。この街に戻ったからには、再び妓楼に乗り込み、妓女の小茴(しょうかい)を助け出そうと考えた花溶は、岳風を連れて妓楼へ向かうが、またもや失敗。経緯を知った金逸文は、花溶の義侠心に感じ入り、彼女に協力を申し出るのだった。
      43分
    • 第7話 ひとつ屋根の下で

      第7話 ひとつ屋根の下で

      謎の一団に襲われた花溶と金逸文。彼らを救ったのは秦尚城だった。しかし、花溶は秦尚城を避け、ことさらに金逸文と仲が良さそうに振る舞う。中秋節を間近に控えた街で、花溶、金逸文と同じ旅籠に宿泊することになった秦尚城は、嫉妬を抱えながらも絶好の機会と花溶に迫るが、自身の策に溺れ、浴室で金逸文と鉢合わせしてしまう。裸でけんかする2人の男に宿屋は騒然。その頃、裴庸の背後にいた謎の組織・黒龍(こくりゅう)党が花溶を狙い動きだす。
      40分
    • 第8話 中秋節の花火

      第8話 中秋節の花火

      中秋節でにぎわう街。金逸文に対抗意識を燃やす秦尚城は、あの手この手で花溶の心をつかもうとするが、すべてが裏目に出てしまう。ちょうどその時、花溶をつけ狙う組織・黒龍党の情報が入り、秦尚城は配下を連れて乗り込んでいく。一方、黒龍党の屋敷に爆発装置があることを知った花溶は、秦尚城の身を案じて駆けつける。そこで人身売買の記録を見つけた花溶は、数日後に行われる取り引きの現場へ向かうことを決意するのだが…。
      42分
    • 第9話 若様と大侠(だいきょう)

      第9話 若様と大侠(だいきょう)

      波止場で雲鶴大侠に救われた花溶は、寝ても覚めても雲鶴大侠のことばかり。しかも、雲鶴大侠の正体が金逸文であると思い込んでしまう。金逸文にべったりの花溶が気にくわなない秦尚城が2人にちょっかいを出していると、そこへ花溶の幼なじみ・趙元明(ちょうげんめい)が現れる。花溶を父の元に連れ戻すという趙元明に対し、花溶は何とか頼み込み猶予をもらうことに成功する。しかしその夜、宿を黒龍党が急襲する。金逸文は隠していた武芸を発揮し戦うが…。
      41分
    • 第10話 父の元へ

      第10話 父の元へ

      花溶を守るために人を殺してしまった小茴。ショックから立ち直れずにいたが、花溶に励まされ、強くなるために秦尚城の配下・張弦(ちょうげん)に弟子入りする。一方、花溶の心が自分に向いてないと悟った金逸文は、怪我を負ったことを機に、いったん万疆国へ戻る決意をする。花溶も、趙元明に説得される形で家へ戻ると決めるが、父・花満天(かまんてん)が出先で怪我を負い、その地で療養しているとの知らせを受ける。秦尚城たちと別れ、急遽、父の療養先へ向かった花溶だったが…。
      42分