序の舞

序の舞
  • 序の舞

    序の舞

    東映

    1984年|日本|2時間19分

    • SD
    • G

    貧しい農家の娘・勢以は幼くして商家に養女として出された。やがて成長した勢以は、結婚して二児をもうけるが、夫に先立たれ後家となる。勢以の次女・津也は幼い頃から絵に興味を持ち、やがて京でも有数の日本画家・高木松渓のもとに弟子入りする。松翠という雅号を授かり天才少女画家と騒がれる身となった津也だが、松渓に誘われるままに抱かれ妊娠してしまい、それを知った母・勢以との間に深刻な溝が生まれる。赤子を里子に出し新たな生活をはじめた津也だが、絵への想いは募るばかりであった。そして、再び絵筆を握り画壇に復帰した津也の前に松渓が現れる。かつての仕打ちを悔いて涙を流す松渓にほだされた津也は再び身をまかすのだが…。

    • スマートフォン、タブレットでのご視聴には「MIRAIL」
      アプリをインストールする必要があります。
    アプリのインストール
    • スマートフォン、タブレットでのご視聴には「MIRAIL」
      アプリをインストールする必要があります。
    アプリのインストール