桜の樹の下で

桜の樹の下で
  • 桜の樹の下で

    桜の樹の下で

    東映

    1989年|日本|1時間49分

    • SD
    • R15+

    京都の老舗料亭・辰村の女将である菊乃と東京の出版社社長・遊佐は、京都・真如堂近くの道端に咲く1本の染井吉野をきっかけに、男と女の深い関係になってもう2年が過ぎようとしたいた。そして、菊乃には一人娘の涼子が商売見習いをしていた。すべてが順風満帆な平和な日々だった。そんな時、京都にやってきた遊佐の案内を母の菊乃の代行として涼子が行うことになった。そこに一人の女と一人の男の出逢いが育まれた。菊乃との愛を確かに感じつつも、その娘・涼子の思いを受け止めてしまう遊佐。涼子との肉体関係を持ってしまう遊佐。一方、涼子はこれで母とは対等となり、母と娘ではなく、女と女の関係になったことに満足するのだった。そんな涼子の様子や遊佐が自分を避けていることに一人物思いに沈む菊乃。遂に菊乃は、辰村の東京支店開店披露パーティーで涼子と遊佐が手を握り合って親密そうに語り合っている姿を見てしまう。それぞれの想いが絡み合い、それぞれの愛の本質が綴られてゆくのであった…。

    • スマートフォン、タブレットでのご視聴には「MIRAIL」
      アプリをインストールする必要があります。
    アプリのインストール
    • スマートフォン、タブレットでのご視聴には「MIRAIL」
      アプリをインストールする必要があります。
    アプリのインストール