仕掛人梅安
仕掛人梅安
仕掛人梅安
  • 仕掛人梅安

    仕掛人梅安

    東映

    1981年|日本|1時間39分

    • SD
    • G

    池波正太郎原作の「仕掛人梅安」シリーズの完全映画化。池波文学独得の江戸情緒をバックにエロチシズムとアクションを配した娯楽快作。【あらすじ】江戸闇家業の元締・音羽屋半右ヱ門依頼の仕事を果たした仕掛人梅安と彦次郎は、帰り道、安部主税之助という乱暴な若侍に犯され、料亭の別室で自害した女の叫びを耳にする。この主税之助は、旗本・安部長門守の長男であることをいいことに、我がもの顔で傍若無人な振る舞い続けていた。そんな長門守の邸に、大阪から近江屋左兵衛が訪れる。二人は異母兄弟であり、常々私利私欲にまみれた悪巧みを企んでいた。そんなある日、近江屋から実妹であるお園の鍼治療を依頼される梅安。梅安は、近江屋が大阪の闇元締であることは先刻承知だった。梅安の下に次なる依頼が届いた。奇しくも今度の依頼とは主税之助の殺しであった。いつも通りに仕事を全うする梅安だったが、ひとつの狂いが生じる。お咲という女中に目撃されたのだ。だが、何故かお咲を殺せない梅安。そうしたある日、音羽屋が襲われ深傷を負う。先手を模索する梅安に近江屋が刺客を放つ。深傷を負う梅安、そしてそこに偶然居合わせたお咲が殺される。瀕死の梅安を助けたのはお園だった。その日、隅田川は氷雨に煙っていた。その舟遊びの船頭に扮するは、変装した彦次郎だ。梅安一世一代の仕掛けは果たして…。【キャスト】藤枝海安:萬屋錦之介(中村錦之助)お園:小川真由美お咲:真行寺君枝おもん:宮下順子彦次郎:中村嘉葎雄(嘉津雄)小杉十五郎:五代高之安部長門守:中村勘五郎安部主税之助:中尾彬安部主馬:中島毅士土屋主水:御木本伸介山城屋伊八:柴田テル彦井坂権八郎:岩尾正隆宮部数馬:津田和彦お弓:志麻いづみ樋口:大沢萬之介丹羽:笹木俊志青木:池田謙治河津:志茂山高也金造:折尾哲郎お勝:伊藤みどり宗太郎:島英津夫女中:加賀美博美刺客A:福本清二ウド:スーパー・リキ長屋の住人:中江英生長屋の住人:早瀬友花里近江屋佐兵衛:伊丹十三音羽屋半右衛門:藤田進【スタッフ】原作:池波正太郎脚本:志村正浩/田中陽造監督:降旗康男

    • スマートフォン、タブレットでのご視聴には「MIRAIL」
      アプリをインストールする必要があります。
    アプリのインストール
    • スマートフォン、タブレットでのご視聴には「MIRAIL」
      アプリをインストールする必要があります。
    アプリのインストール