家庭教師ヒットマンREBORN! 未来チョイス編

家庭教師ヒットマンREBORN! 未来チョイス編
  • 家庭教師ヒットマンREBORN! 未来チョイス編

    家庭教師ヒットマンREBORN! 未来チョイス編

    マーベラス

    2006年|日本

    • SD

    入江正一から「ボンゴレ匣」を渡されたツナたち。そして入江から明かされたのは、白蘭のとんでもない野望だった。白蘭の真実、真6弔花、そして「チョイスバトル」……。ツナたちの未来を決するバトルはますます激しさを増していく!スタッフ:原作:天野明(週刊少年ジャンプ連載)監督:今泉賢一シリーズ構成・脚本:岸間信明キャラクターデザイン:田中将賀色彩設計:山下圭子美術設定:谷内優穂(KUSANAGI)美術監督:松宮正純(STUDIO LOFT)撮影監督:濱雄紀(旭プロダクション)編集:西山茂音響監督:ハマノカズゾウ監修:石黒昇アニメーション制作:アートランドキャスト:リボーン:ニーコ沢田綱吉:國分優香里獄寺隼人:市瀬秀和山本武:井上優笹川了平:木内秀信雲雀恭弥:近藤隆ラル・ミルチ:鈴木真仁笹川京子:稲村優奈三浦ハル:吉田仁美ランボ:竹内順子イーピン:チャン・リーメイビアンキ:田中理恵フゥ太:三瓶由布子

    SEE MORE

  • エピソード

    • 第154話 次なる戦いへ

      第154話 次なる戦いへ

      未来に飛ばされ、メローネ基地に突入してから数々の戦いがあった。最終的に、強敵である幻騎士を倒し、白くて丸い装置に辿り着いたツナ。そこで彼らを待ち受けていたのは、入江から告げられた驚愕の真実だった。メローネ基地での戦いは一段落し、ツナはさらなる試練を経て、ボンゴレ匣を開匣する力を手に入れた。しかし、匣を使いこなせるかどうかは今後の修業にかかっている。次なる目標は、打倒・白蘭……! 本当の平和を取り戻し、10年前の並盛に戻るため、彼らは次なる戦いに立ち向かって行く。
      23分
    • 第155話 真6弔花(リアルろくちょうか)

      第155話 真6弔花(リアルろくちょうか)

      イタリアの主力戦はヴァリアーが勝利し、後はボスの白蘭を叩くだけとなった。士気を高める一同だったが、そんなツナ達をあざ笑うかのように、白蘭がホログラムで通信をしてきた。白蘭は余裕の表情で、ボンゴレとミルフィオーレの正式な力比べを申し込んできた。しかしミルフィオーレの主戦力はメローネ基地ですでにツナ達に倒されている。白蘭の真意を計りかねる入江だったが、その時、入江のマーレリングが砕けてしまう!そして、ツナ達の前に映し出されたのは新たな敵の姿だった。
      23分
    • 第156話 心強い仲間

      第156話 心強い仲間

      守護者にも、10年後のツナが用意したボンゴレ匣が託された。白蘭との戦いを控えたツナ達に、10年後のヴァリアーは通信で彼らなりの激励の言葉を送る。だがツナ達は連戦で気力と体力を使い果たし、微量の炎しか灯せなくなっていた。それを見たリボーンは、しばらく休養を取ることを命じる。入江の元から、一先ずボンゴレアジトに戻るツナ達。しかし一息ついたところで、突然レーダーが不審なリング反応をキャッチする!表示された場所はツナの自宅だった。相手はミルフィオーレの手下なのだろうか?
      23分
    • 第157話 並盛の休日

      第157話 並盛の休日

      京子達の希望で、10年後の並盛町へ出かけることになったツナ達。彼女たちは自分の家のことが気になっているようだ。「ここが10年後の世界であることを忘れるな」というリボーンの忠告を胸に、彼女達に付き添うツナ。しばらく町を回った後、了平と京子は自分たちの家へ、ツナとビアンキはハルに同行し彼女の家へ向かうことになった。しかし、ハルの家は雨戸が閉め切られ、人のいる気配がしない。ドアチャイムを鳴らしてみても返事がない。10年後の世界にあるのは、彼女達には酷な現実だけなのだろうか?
      23分
    • 第158話 あたたかい場所

      第158話 あたたかい場所

      食事もせず、なかなか部屋から出てこないクロームを気にかける京子とハル。クロームは京子達の優しさに戸惑っているだけだとビアンキはいうが、京子達の心配はつのる一方だ。リボーンや京子達に促されてツナがクロームの様子を見に行くことになった。ツナにはドアを開いてくれるクロームだが、獄寺達が通りかかると、とたんに部屋のドアを閉じてしまう。部屋の中で一人、布団にもぐったままのクローム。しかし、彼女の心の中では、確実に何かが変化し始めていた……。
      23分
    • 第159話 仲間のために

      第159話 仲間のために

      白蘭との戦いを控えているのに、相変わらず能天気ムードの山本。獄寺はそれをみて、苛立ちを隠せないでいる。しかし、山本には、彼なりの考えがあるようだ。そんな中、この時代の新聞紙で、並中野球部の地区大会予選があることを知る一同。草壁の話によると、この時代の並中野球部は荒れて、廃部寸前だという。それを聞き、表情を曇らせる山本。少しすると、アジトから山本の姿が消えてしまう。彼は野球部のことが気になり、並中に来ていたのだった。怒り心頭の獄寺だが、果たして山本の真意とは・・・?
      23分
    • 第160話 機動力を手に入れろ

      第160話 機動力を手に入れろ

      入江から、ツナ達にチョイスの説明がされた。バトルフィールドや戦うメンバーを選択(チョイス)していき、戦闘をするウォーゲーム。勝者は敗者も持ち物の中から一つだけ欲しいものをチョイスできる。元は入江と白蘭が学生時代に作ったボードゲームがコンピューターゲームに発展したものだという。しかし、コンピューターゲームを実際にどう行うというのか?まだ分からないことだらけである。しかし、現段階で分かることは、広大なバトルフィールドを駆け回る機動力が必要だということ。リボーンの策により、ジャンニーニとスパナの発明勝負が始まる。
      23分
    • 第161話 エアーバイク

      第161話 エアーバイク

      ジャンニーニがツナ達に見せたものは、死ぬ気の炎で動くエアーバイクだった。ホバークラフトのような原理で疾走するこのバイクは、この時代のツナのコレクションの一つだという。リボーンにより、体力も気力も充分に回復したと判断されたツナ達は、まずこのエアーバイクを乗りこなす特訓から始めることになった。しかし、ツナは見たことのないメカに戸惑い、恐怖心をあらわにする。自分は小学5年生まで補助輪つきの自転車に乗っていたことを告白し、こんな乗り物に乗れるわけがないと弱音を吐くが……?
      23分
    • 第162話 大空のボンゴレ匣

      第162話 大空のボンゴレ匣

      リボーンから、ついにボンゴレ匣修業開始の許可が出された。しかし、準備があるので翌日まではボンゴレ匣を使うことを禁止されてしまう。ひとまず休憩を取るように言われたツナ達は、自室に戻った。自分の匣を見つめ、中身に思いをはせるツナ。リングに炎を灯してみると、匣が「共鳴するようにコトコトと動き始めた。ツナは目を疑うが、匣は確かに炎に反応して動いている。好奇心を抑えきれなくなったツナは思わずボンゴレ匣を開匣してしまう。強烈な光とともに現れた、ツナの匣兵器とは……!?
      23分
    • 第163話 恐怖!アジト大騒動

      第163話 恐怖!アジト大騒動

      ボンゴレアジトに10年後ディーノがやってきた。自分の匣兵器である天馬(カヴァッロ・アラート)にまたがった雄姿は10年間の月日を感じさせる。リボーンが匣の修業を明日まで待てと言ったのは、ディーノの力を借りたかったからだそうだ。しかし、部下のロマーリオがそばにいないディーノは、10年前と変わらずドジばかり。ツナ達の修業のために特別な匣を持ってきたようだが、それが原因で、ボンゴレアジトはとんでもない大パニックに陥ってしまう・・・!
      23分