エア・ギア

エア・ギア
  • エア・ギア

    エア・ギア

    マーベラス

    2006年|日本

    • SD

    南 樹(イッキ)は東雲東中学校の2年生。東中(ひがちゅう)ガンズのベビーフェイスとして暴風族(ストームライダー)スカルセイダースとケンカをするが、A・T(エア・トレック)を装着したスカルセイダースの頭(ヘッド)の間垣に敗北してしまう。 落ち込んだイッキを励まそうとする野山野家三女のリンゴ。街中でイッキの姿を見つけるが、その場所はいつもA・Tで疾走するナゾの少女:シムカを見るための場所だった事に気付く。そこでイッキは空への憧れをリンゴに語る。ある夜、イッキは同居する四姉妹の入浴中に、禁断の小部屋を覗き見る。そこは、A・Tシューズのほか様々なパーツが整然と並んでいる四姉妹の秘密の場所だった。そして、イッキは暴風族『眠りの森』のエンブレムの存在を知る。恐る恐るA・Tを装着して街に出たイッキは、フェンスを滑走し始めた。やがて「空の王」を目指すことになる、イッキとA・Tの最初の出会いだった。スタッフ:原作:大暮維人(講談社「週刊少年マガジン」掲載)監督:亀垣 一シリーズ構成・脚本:小中千昭キャラクターデザイン:佐藤雅将美術:飯島由樹子色彩設計:いわみみか。制作スタジオ:東映アニメーション

    SEE MORE

  • エピソード

    • Trick:1

      Trick:1

      南 樹(イッキ)は東雲東中学校の2年生。東中(ひがちゅう)ガンズのベビーフェイスとして暴風族(ストームライダー)スカルセイダーズとケンカをするが、A・T(エア・トレック)を装着したスカルセイダーズの頭(ヘッド)の間垣に敗北してしまう。 落ち込んだイッキを励まそうとする野山野家三女のリンゴ。街中でイッキの姿を見つけるが、その場所はいつもA・Tで疾走するナゾの少女:シムカを見るための場所だった事に気付く。そこでイッキは空への憧れをリンゴに語る。ある夜、イッキは同居する四姉妹の入浴中に、禁断の小部屋を覗き見る。そこは、A・Tシューズのほか様々なパーツが整然と並んでいる四姉妹の秘密の場所だった。そして、イッキは暴風族『眠りの森』のエンブレムの存在を知る。恐る恐るA・Tを装着して街に出たイッキは、フェンスを滑走し始めた。イッキにとってA・Tの世界に入るはじめての体験だった。テクニックもおぼつかないまま高架橋にやっとたどり着いたイッキは、不思議な老人からストームライダーの集会のことを聞く。集会場に紛れ込んだイッキはスカルセイダースの間垣と再会するのだった。
      23分
    • Trick:2

      Trick:2

      間垣との戦いにかろうじて勝利をおさめたイッキは、ミカンから暴風族『眠りの森』のことを口止めされた。エア・トレックに魅せられたイッキはクラスメイトのカズとオニギリにチームづくりを持ちかける傍ら、リンゴにA・Tシューズの操作方法を基礎から教えてもらっていた。なかなか上達しないイッキは、四女のシラウメからもサイノーの無さを指摘され、夜の街に飛び出していく。商店街でイッキは、二人のストームライダーに追われるシムカと偶然出会い助けるが、それが、レザ・ボア・ドッグスの頭『犬山』との抗争の始まりになるとは知る由も無かった。強敵『犬山』とエンブレムを賭けて、団地の給水塔に飛ぶイッキ。その姿を怪しく見守るシムカ。その目前にリンゴが現れたリンゴは、いきなりシムカの頬を痛打する。
      23分
    • Trick:3

      Trick:3

      レザ・ボア・ドッグス『犬山』との戦いは、かろうじてイッキの勝利に終わった。潔く負けを認めた犬山は、イッキにエンブレムを渡すと、チームの即時解散を宣言する。エンブレムを賭けて、戦いに敗れたストームライダーは解散しなくてはならない。エンブレムの重みをあらためてイッキは知った。『パーツ・ウォウ・バトル』の存在を知ったカズとオニギリはイッキとともにある人物を探し出す。その人物とはイッキがバイトの出前先で出会った巨大で色黒の大食漢の少年:御仏一茶(ブッチャ)だった。
      23分
    • Trick:4

      Trick:4

      東雲東中学校の真の支配者は、四駆のA・Tをかるストームライダー「夜王」のブッチャだった。そうとは知らず、カズとオニギリは、夜の校舎に足を踏み入れ、完膚なきまでに叩きつぶされてしまう。病院に駆けつけたイッキは二人の無残な姿を見て、ブッチャとのパーツ・ウォウバトルを決意する。そして、校舎の壁を身軽に駆け抜けるブッチャとエア・トレック初心者のイッキのバトルが始まる。ゴールは北校舎裏の二宮金次郎像。機転をきかして前に出たイッキだったが、重戦車(ブッチャ)の影が背後から襲いかかる…。
      23分
    • Trick:5

      Trick:5

      ブッチャとの戦いは、東中陸上部女子たちの力を借りてイッキの勝利に終わった。バトルの成り行きを見ていた「八人の王」の一人、「炎の道」の称号を持つスピット・ファイアはイッキの前に始めて姿を見せ、『八本の道と八人の王とエンブレム』のことを告げ去って行った。ブッチャ戦の全てはネットに中継され、多数のストームライダースにも目撃されていた。しかし、なぜかイッキは勝利を素直に喜べずにいた。バトルで勝つ事より、トリックが出来た事の方が快感だった…。イッキにとってA・Tは空を飛ぶためのものであり、バトルに使われることに抵抗を感じていたのだ。
      23分
    • Trick:6

      Trick:6

      イッキはA・Tショップ『グラン・スラム』で拘束服に身を包んだ不思議な少年アギトに出会った。アギトはイッキにA・Tの未熟さを指摘し、上を目指すのを諦めるよう言い残すと、上空高く飛びあがり夜空に消えていった。唖然と見上げるイッキに、ジャ婆は彼がAクラスのストームライダーであることを告げた。そしてある日、スカルセイダースのステッカーの上には宣戦布告の合図、ステッカーの上貼りがされていた。そのステッカーは伝説のチーム「眠りの森」だった…。
      23分
    • Trick:7

      Trick:7

      イッキとのバトルを通じて自由に飛ぶという純粋な気持ちにあらためて気付いたブッチャは、今までのバトルで得たすべてのエンブレムを捨てることにする。そして過酷なバトルでパーツが消耗してしまったイッキにパーツを分け与えた。A・Tの修理が済み街に繰り出したイッキとリンゴはいつしかシムカが練習をしている高台の場所に来ていた。イッキはある決断をリンゴに告げようとしていたのだが、勘違いをしたリンゴは思わずシムカのチームに入ることを勧める…。
      23分
    • Trick:8

      Trick:8

      追試を受けて年間平均が30点以上にならなければ進級できないと、学年主任のオリハラ先生に宣告されたイッキたちは、夜の学校に忍び込んで問題と解答を盗み出すことに。そこでイッキたちを待ち構えていたのは担任のトンちゃん先生だった。トンちゃん先生は試験解答と交換でA・Tを使ってある時計を動かして欲しいと頼む。
      23分
    • Trick:9

      Trick:9

      イッキ、カズ、オニギリは本格的に自分達のチーム作りを始めた。正式なバトルを行うには、最低5人のチーム編成でなければならない。そこで、エミリや弥生達の力を借りて仲間を募るが、引っかかってくるのはカスばかり。あきれ果てたリンゴは、Aクラス同士のパーツ・ウォウの情報を持ってくる。戦うのは、A・Tプロライダーを目指す「金鉄ブルズ」とチーム「アギト」。彼らがそこで見たものは、凄惨にして残酷な戦いをする少年アギトの圧倒的な強さだった。
      23分
    • Trick:10

      Trick:10

      一方的に攻撃をうけたT・ゴンゾーはクレーンに宙づりとなり、Aクラス同士のパーツ・ウォウは『牙の王』アギトの勝利に終わった。そのバトルを見守っていた(風)Gメンたちが包囲網を狭めて行く。イッキはその追撃を振ろうとするが、Gメンの頭上を越えてきたアギトの急襲を受ける。そして、廃プラント工場最上部から空へと脱出するイッキ達を追い、アギトも空中へ飛び出した…。
      23分