明蘭~才媛の春~

明蘭~才媛の春~
  • 明蘭~才媛の春~

    明蘭~才媛の春~

    エスピーオー

    2017年|中国

    • 字
    • HD

    盛家の娘・明蘭は母親の身分が低かったことから、父親から愛情を得られず、盛家の正妻や姉妹たちにも虐げられて育った。亡き母の教えを守り、自分の才気を隠して耐え忍び成長した明蘭は、やがて子供の頃に知り合った寧遠候府の御曹司・顧廷燁に見初められて顧家の女主人になり、夫を支え優れた才知を発揮していく。

  • エピソード

    • 第1話 投壷の勝負

      第1話 投壷の勝負

      時代は北宋。揚州の名家である盛(せい)家で正室・王若弗(おうじゃくふつ)の娘・盛華蘭(せいからん)と東京忠勤伯爵・袁(えん)家の次男・袁文紹(えんぶんしょう)との結納の宴が開かれる。そんな中、袁家が連れてきた青年・白燁(はくよう)が結納品の雁を賭けて側室・林噙霜(りんきんそう)の息子・盛長楓(せいちょうふう)と投壷の勝負を始める。だが、盛長楓では歯が立たず、側女・衛恕意(えいじょい)の娘・盛明蘭(せいめいらん)が代わりに勝負を受けて立ち…。
      43分
    • 第2話 正義の行方

      第2話 正義の行方

      白燁(はくよう)は王若弗(おうじゃくふつ)の息子・盛長柏(せいちょうはく)と意気投合。互いに武と文で身を立てようと誓い合うが、そんな二人に思いも寄らぬ災難が降りかかる。一方、盛家では身重の母親を気遣う盛明蘭(せいめいらん)が食事も炭も満足にもらえていないと父・盛紘(せいこう)に窮状を訴える。そこで盛紘が王若弗と林噙霜(りんきんそう)を問いただすと、衛恕意(えいじょい)の侍女・小蝶(しょうちょう)に盗みの罪が着せられ…。
      45分
    • 第3話 悲しい別れ

      第3話 悲しい別れ

      揚州最大の塩商・白(はく)家の当主の葬儀が行われ、側室の息子・白亭預(はくていよ)が喪主を務める。だが、そこに死んだはずの正妻の外孫・白燁(はくよう)が現れて大騒ぎに。なんと彼は白家を継がせるという当主の遺言書を持っていた。その後、盛(せい)家では昇進が決まった盛紘(せいこう)が家を空けている間に、産気づいた衛恕意(えいじょい)が頼る者もなくお産に臨むことになり…。
      46分
    • 第4話 新たな旅立ち

      第4話 新たな旅立ち

      衛恕意(えいじょい)の妹が盛(せい)家を訪ねてくる。彼女は姉の盛大な葬儀に感謝しつつも、姉がお腹の子とともに亡くなったことに不信感を覚え、盛明蘭(せいめいらん)を引き取りたいという。だが、盛(せい)家の大奥様が彼女を育てると名乗りを上げ、妻たちを御しきれていない盛紘(せいこう)にお灸を据える。その後、承直郎に昇進した盛紘は一家を連れて都に向けて船出し…。
      44分
    • 第5話 恋の三角関係

      第5話 恋の三角関係

      盛明蘭(せいめいらん)は盛(せい)家の私塾で兄姉たちとともに学び、賢く美しく成長。同じ私塾で学ぶ斉(せい)国公の一人息子・斉衡(せいこう)に想いを寄せられる。だが、姉妹の中でも立場が低いことをわきまえている彼女は、身分の高い斉衡に言い寄られても当惑するばかり。一方、母親・林噙霜(りんきんそう)に似て野心家に成長した盛墨蘭(せいぼくらん)は斉衡を射止めるのは自分だと思いこみ…。
      45分
    • 第6話 恩人の帰還

      第6話 恩人の帰還

      白(はく)家の跡継ぎであり寧遠(ねいえん)侯爵家の子息でもある顧廷燁(こていよう)(白燁(はくよう))は郷試に合格。都に戻ると盛(せい)家の私塾に通って次の科挙を目指すことになる。そんな中、永昌(えいしょう)伯爵家の呉(ご)氏が年頃の息子・梁晗(りょうかん)を連れて盛家を訪問。盛墨蘭(せいぼくらん)はこっそり客間を覗きにいき、それを見とがめた王若弗(おうじゃくふつ)の娘・盛如蘭(せいじょらん)も、嫌がる盛明蘭(せいめいらん)を連れて盛墨蘭の後を追い…。
      45分
    • 第7話 令嬢の嗜み

      第7話 令嬢の嗜み

      顧廷燁(こていよう)は子供の頃に世話になった乳母・常(じょう)ばあやを都に呼び寄せ顧家に住まわせようとするが、父・顧偃開(こえんかい)の反対に遭う。一方、盛(せい)家では永昌(えいしょう)伯爵家の呉(ご)氏の前で失態を演じた盛明蘭(せいめいらん)と盛如蘭(せいじょらん)が、父・盛紘(せいこう)の怒りを買って重い罰を受けていた。そんな二人に行儀作法を学ばせようと、大奥様は後宮にいた孔(こう)氏を招く手はずを整えて…。
      44分
    • 第8話 家柄の呪縛

      第8話 家柄の呪縛

      斉(せい)国公の屋敷では斉衡(せいこう)の母・平寧(へいねい)郡主が息子に悪い虫が付かないように気を配っていた。そんな中、斉衡が一緒に盛(せい)家に挨拶に行ってほしいと言い出し、彼女は盛家の三姉妹を警戒し始める。一方、顧廷燁(こていよう)は用意した別宅に常(じょう)ばあやを迎え入れる。そして、彼女から顧偃開(こえんかい)が母・白(はく)氏を娶ったのは金目当てだったと真相を聞かされ…。
      45分
    • 第9話 表と裏

      第9話 表と裏

      顧廷燁(こていよう)は芸妓上がりの側女・朱曼娘(しゅばんじょう)と二人の子供を常(じょう)ばあやに託すことに。だが、常ばあやは一目で朱曼娘の本性を見抜いて不機嫌になる。その頃、揚州からはるばる衛恕意(えいじょい)の妹が姪の盛明蘭(せいめいらん)を訪ねてやってくる。衛恕意の元侍女・小蝶(しょうちょう)に会ったという彼女は、小蝶に濡れ衣が着せられた事件の真犯人を突き止めようとしていた…。
      43分
    • 第10話 孔氏の知恵

      第10話 孔氏の知恵

      孔(こう)氏の講義中に喧嘩を始めた盛(せい)家の三姉妹が揃って罰を受ける。その場には盛紘(せいこう)、王若弗(おうじゃくふつ)、林噙霜(りんきんそう)も呼ばれ、孔氏は三姉妹だけでなく親たちの態度も諌める。そうすることで盛家における不公平を正した孔氏に盛明蘭(せいめいらん)はいたく感銘を受ける。その翌朝、衛恕意(えいじょい)の妹は朝早くこっそり出立する。それは真犯人をおびき出すためだったが…。
      45分