ブロードチャーチ ~殺意の町~ Season 1

ブロードチャーチ ~殺意の町~ Season 1
  • ブロードチャーチ ~殺意の町~ Season 1

    ブロードチャーチ ~殺意の町~ Season 1

    日活

    2013年|イギリス

    • 字・吹
    • HD

    イギリスの南西部ドーセットにある海辺の町、ブロードチャーチ。観光名所ともなっているブライアンクリフの崖の下で、ある午後、11歳の少年ダニー・ラティマーの遺体が発見される。街に赴任されたばかりのアレック・ハーディ警部補と女性刑事のエリー・ミラーが捜査を担当することになる。一見平穏なこの街で何が起こったのか?捜査が進むにつれ、被害者のラティマー家をはじめ、ブロードチャーチの住人たちの抱える秘密が次々と明らかになっていく。複雑に絡み合う人間模様と十数人の容疑者。果たしてアレックとエリーは、犯人にたどり着くことはできるのか?

    SEE MORE

  • エピソード

    • 第1話 少年の嘆き

      第1話 少年の嘆き

      イギリスの南西部ドーセットにある海辺の町、ブロードチャーチ。観光名所ともなっているブライアンクリフの崖の下で、ある午後11歳の少年ダニー・ラティマーの遺体が発見された。赴任してきたアレック・ハーディ警部補は、地元出身のエリー・ミラーと共に本件の捜査にのりだす。
      46分
    • 第2話 母親の告白

      第2話 母親の告白

      殺されたダニーのバイト先の新聞店オーナー、ジャック・マーシャルに聞き込みを行うアレックとエリー。聞き込みを進めるうちに、2人は彼の目撃証言に矛盾があることに気がついていく。その後、被害者の母親のベスから容疑者となりうる人名リストを渡されたエリー、そこに書いてあった人物とは?
      46分
    • 第3話 父親の嘘

      第3話 父親の嘘

      アレックは、崖の上にあるレンタルハウスが殺害現場の可能性が高いとつきとめた、現場の指紋は拭き取られていたが、家のシンクからダニーの父親マークの指紋が検出される。犯人はなぜ、そしてどうやって崖の上から砂浜まで、遺体を運んだのか?
      45分
    • 第4話 記者の正義

      第4話 記者の正義

      決定的な証拠がない中、捜査の行き詰まりを感じる中、アレックはとある場所からダニーのものと思われる毛髪を見つけ、これが決定的な証拠になりうると歓喜する。事件から時間が経ち、住民たちの不安が高まる中、アレックは、住民集会を開きで事件の進捗を伝えることにする。
      45分
    • 第5話 老人の過去

      第5話 老人の過去

      木曜日の夜、ダニーの最後の足取りを再現するため、警察は再現検証を行う。トムが、スケードボードで進み、その後遺族と住民たちが歩きながら、監視カメラに映っていた事件の夜の様子を追った。全国ニュースで報じられ、注目を集めるも捜査の進展に、アレックは行き詰まりを感じていた。
      46分
    • 第6話 刑事の誤算

      第6話 刑事の誤算

      新聞に「最悪の刑事」と書かれたアレックだったが、大して気にもせず、ある人物の葬儀に参列する。住民たちも続々と教会に集まる中、アレックはダニー殺害の犯人がこの中にいると考え、エリーと共に目を光らせる。そんな中、牧師のポールが唱えた激しい言葉は、アレックに向けたものだった。
      46分
    • 第7話 同僚の裏切り

      第7話 同僚の裏切り

      小屋から逃げる犯人を追跡中、アレックは倒れ病院に搬送される。アレックの病気に気が付いたエリーは、アレックの代わりに署に戻って警察チームを仕切る。スーザンの口を割らせるためにも、彼女の愛犬を探し出そうとする。そんな中、アレックは医師の制止を振りきり、病院を勝手に退院してしまう。
      46分
    • 第8話 犯人の鎮魂歌

      第8話 犯人の鎮魂歌

      医師の診断を受けたアレックは、警視正に即日辞職を求められるが、「犯人が分かった」と確証をもち捜査を続ける、エリーは姉から殺害の夜にビーチで、袋を捨てている男を見たという情報を聞き出す。エリーとアレックがビーチで話していると、ダニーの携帯の電源がオンになったと情報が入る。そこに向かったアレックが出会った人物とは?
      50分