遺灰は語る

遺灰は語る
  • 遺灰は語る

    遺灰は語る

    Theater moviola

    2022|Italy

    • 字
    • HD
    • PG12

    映画は美しい。世界に愛された名匠の遺作。【解説】2024年2月に惜しまれながら亡くなった名匠パオロ・タヴィアーニが90歳の時に完成させた、最後の監督作。長年、兄ヴィットリオと共同で『父/パードレ・パドローネ』、『カオス・シチリア物語』『グッドモーニング・バビロン!』など数多くの名作を監督してきたパオロにとって、本作は最初にして唯一の単独監督作ともなった。主人公は、イタリアを代表する作家の“遺灰”。故郷シチリアに運ばれる遺灰の旅は、熱情とユーモアを持って描かれ、イタリアの戦後史をも語る。そのモノクロ映像の美しさ、音楽の美しさ、ゆったりした語り。わずか90分に映画の豊かさが凝縮されている。【あらすじ】1936年に亡くなったノーベル賞作家ピランデッロ。死に際し、作家は「遺灰は故郷シチリアに」と遺言を残すが、時の独裁者ムッソリーニは、その遺灰をローマから手放さなかった。戦後、ようやく彼の遺灰が入った壺が、故郷へ帰還することに。ところが、アメリカ軍の飛行機には搭乗拒否されるわ、はたまた壺が忽然と消えるわ、次々にトラブルが…。遺灰はシチリアにたどり着けるのだろうか——?! 【公式サイト】https://www.moviola.jp/ihai原題:Leonora Addio 監督:パオロ・タヴィアーニ出演:ファブリツィオ・フェッラカーネ、マッテオ・ピッティルーティ、ロベルト・エルリツカ(声) 2022/90分/イタリア 配給:ムヴィオラ

    This Title is currently not available for sale.
    Please wait until it becomes available.
    • 「MIRAIL」 for watching on smartphones and tablets
      You need to install the app.
    Install the app